同じ家はつくらない|マンション売却で成功するポイント|時代をキリトル
家

マンション売却で成功するポイント|時代をキリトル

同じ家はつくらない

女性

東京に拠点を置く三栄建築設計は、世界に一つしかない家を提案しようと取り組んでいる会社です。三栄建築設計では社会的芸術性と暮らしやすい機能性を両立させた注文住宅からマンションなど年間で1500棟以上に関わっています。こだわりのデザインを生み出すため各部署のスタッフがチームを組み、依頼者の要望やイメージを実現するためアイデアを練り上げるのです。さらには三栄建築設計のクオリティーを守るため育成に力を入れています。そこで技術や知識など基準を満たせば、上級デザイナーとして認定されます。また企画・開発から施工、アフターサポートに至るまで一貫した体制を築いているので、連係ミスや意見が二転三転することなく依頼者としても安心です。

三栄建築設計では長く住めるようサンファースト工法という独自のこだわりを打ち出しています。梁の接合部分にはオリジナル金具の三栄式羽子板ボルトを設置し、スプリング内蔵で木材の変化によって生じる歪みや痩せに対応するのです。さらに刻印を入れることでボルトの締め忘れもケアできます。立ち上がり部分には空回り防止の細工が施されています。そして地震の揺れにはホールダウン金物、柱と基礎の部分に取り付けることで強固になります。また9ミリの厚みの構造板を用い箱状躯体を形成し、面で支え横からの圧力に効果を発揮するようです。その他にも品質の安定に集成材を使用され、結露対策には温度を維持し空気の流れがスムーズになる通気工法など、印象的なものばかりです。